私たちはどうかしている11話3巻「15年まえの春」ネタバレあらすじ&感想

ビーラブ
みあ
みあ

こんにちは、今日もスマホでマンガを読みまくっている みあ です♪私が愛用しているサイトはコミックやマンガ雑誌が1冊分実質無料で読めちゃうのでとてもおすすめです(^^)
U-NEXTの公式サイトはこちら

マンガ「私たちはどうかしている」の11話目「15年まえの春」のあらすじや感想です。

コミックは3巻に収録されています。

前回では大旦那に、結婚に対して疑いの目を向けられました。

そこで、椿と七桜は同じ部屋に住むことに。

その夜、2人は結ばれました。

前回のお話『私たちはどうかしている10話』のネタバレ感想はこちら⇒

今回の続き『私たちはどうかしている12話』のネタバレ感想はこちら⇒

では11話目をみていきましょう。

~ここからはネタバレ注意です。~

スポンサーリンク

私たちはどうかしている11話「15年まえの春」あらすじ・その1

「「さくら」が現れたら俺の前から永遠に消えてもらう」

「どうして……」

「「さくら」の母親が父を殺したからだ」

15年まえ−椿が6歳のとき。

父が死んだ日、庭の椿が満開であった日。

夜もあけきっておらず、皆が寝静まっているとき。

椿は、父と「さくら」の母が密会しているのを見てしまった。

それから「さくら」は、椿にとって明かりではなくなってしまった。

真っ暗な闇のような、憎しみにかわった。

そのことを聞いて七桜は頭が真っ白になった。

椿が彼女に触れようとすると、手を払いのけた。

「こんなこともうしないから。愛情があるわけじゃないんだし」

「そうだよな、俺たちだしな」

七桜は椿の言葉を信じられなかった。

「さくら」が七桜であることは絶対に知られてはいけない。

次の日、椿の顔をみても平静を装った。

椿は、七桜の手首を引き寄せた。

「ずいぶん余裕なんだな」

「ムカつく」

「どうぞ、気持ちのないキスでよければいくらでも」

「糸くず、ついていただけだ」

そして離れていく椿。

その様子をみた女将が、七桜に近づく。

部屋に来てほしいと言われた。

タンスから出したいものがあるという。

七桜は警戒をしながらも、承諾した。

私たちはどうかしている11話「15年まえの春」あらすじ・その2

七桜と女将は部屋に行く。

女将は結婚式の着物を出してくれた。

光月庵に代々伝わる着物だ。

女将も義母からもらった。

その着物を羽織らせる女将。

真っ赤な椿の花柄の着物。

その鮮やかな赤い色に、七桜は目眩がおこる。

トラウマの赤・・この着物は着ることができない。

高価なものであるからと断ろうとするが、女将は止めさせる。そしてささやいた。

「あなたのお母さまって、どうしてらっしゃるの? 」

大切な結婚相手ならば、親のことは知っておきたいという。

交通事故で亡くなったととっさに嘘をついた。

いつ?どこで?と詰問する女将。

「あなたの黒髪、見覚えがあるって。ふしめがちな目も。病弱そうな白い肌も」

「15年まえの春、どこにいたの? 」

椿は七桜が心配になり、女将の部屋に来た。

その怯えた七桜の表情をみると、15年前の「さくら」とダブってしまった。

すると、七桜の母と名乗る人がきたという報せが入った。

一同はみな驚く。

「私たちはどうかしている3巻」をお得に読む方法

あらすじを文章で私なりにお伝えしましたが、マンガはやっぱり絵があって面白いですよね。

みあ
みあ

お金をかけずに続きを知りたいと思っている方必見!おすすめの方法があります♪

それはU-NEXTを利用する方法です!

31日の無料お試し期間があり、お金をかけず利用できます。
お試し期間でも600ポイントがもらえそのポイントで「BELOVE」が買えます!
解約金や違約金などはもちろん無く、解約手続きもとても簡単にできるので安心して利用できますよ。

みあ
みあ

私も試してみましたが、本当に料金がかからずマンガが読めましたヽ(=´▽`=)ノ

おすすめポイントや登録方法を詳しくまとめました!
私たちはどうかしている3巻は無料の漫画村で読める?リスク無しで読む方法を紹介!
ぜひ参考にして、マンガを読んでみてください(^^)

私たちはどうかしている11話「15年まえの春」感想

ジェットコースターのように進む展開に、次の回の予想がまったくできません。

いつ正体がばれてしまうのか?

そして七桜が信じている母親の真実は、実際どうだったのか?

ずっと気になっています。

今回の11話では、椿の父と七桜の母の不倫疑惑が?!

ただ目撃したにすぎませんが、幼い椿の心は深く傷ついたでしょう。

七桜にとっても大きな衝撃がありました。

しかし女将には、過去の素性を調査されていましたから、正体がばれてしまっています。

女将が七桜を追い詰めていき、どんどん七桜がピンチに陥ります。

そうかと思えば、それを覆すように、母親だという人物も出てきてしまいました。

誰が嘘を言っていて、誰が本当のことを言っているのかわかりません。

いろいろ推理をみますが、誰もがあやしいと思ってしまいます。

結末を予想しながら、毎回起こる事件、新しい事実に振り回されるのも楽しいです。

次回は七桜の母と名乗る人物について、注目していきたいと思います。

NEXT⇒私たちはどうかしている12話へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました