「ネット流行語100」2019年版がノミネート!歴代の年間大賞は何!?意外な言葉が上位に!

トレンド

2019年も残すところあと少しとなりましたね。
この時期になってくると、新語流行語大賞は何か、とか、今年の漢字を表すなら、とか、1年の締めくくりとなる話題もよく目にすると思います。
その中でも「ネット流行語100」にノミネートされた言葉が11月28日に発表されましたね。
今回は過去の「ネット流行語100」の大賞になった言葉について調べてみたいと思います(^^)

スポンサーリンク

ネット流行語100、歴代の年間大賞は?

2018年第1位

2018年の第1位に輝いたのは、「ポプテピピック」。
その「ポプテピピック」とは…?

『ポプテピピック』(POP TEAM EPIC)は、大川ぶくぶによる日本の4コマ漫画作品、およびそれを原作としたテレビアニメ。
漫画は『まんがライフWIN』にて2014年より連載中。通称『ポプテピ』『ポプテ』。
キャッチコピーは「とびっきりのクソ4コマ!!」

アニメ「ポプテピピック」公式(@hoshiiro_anime)さん | Twitter
アニメ「ポプテピピック」公式 (@hoshiiro_anime)さんの最新ツイート。アニメ「ポプテピピック」公式アカウント!2018年1月、神風動画にてクソアニメ化!竹書房の4コマウェブコミック配信サイト「まんがライフWIN」にて、2014年11月から配信している大川ぶくぶ氏の作品。 #ポプテピピック #PPTP #竹...

2018年第2位

続いて第2位は「バーチャルYouTuber」。

バーチャルYouTuberは、YouTuberとして動画配信・投稿を行うコンピュータグラフィックスのキャラクター(アバター)、またキャラクター(アバター)を用いて動画投稿・配信を行う人。
別名:VTuber、Vチューバー(ブイチューバー)

有名なバーチャルYouTuberは、「キズナアイ」・「電脳少女シロ」・「月ノ美兎」などが挙げられ、それぞれの言葉としてもランクインしていました。

ネット流行語100の歴史は?

昨今、こういったいろいろな大賞がありますが、この「ネット流行語100」のイベントは2018年から始まったので今年で2回め。
ですので歴代の大賞の言葉を紹介しようと思いましたが、2018年だけで終わってしまいましたw

ネット流行語100は、ドワンゴ、大百科ニュース社と、ピクシブが共同で企画する、1年間においてネットで流行した言葉を決めるイベント。

とはいえ、これからもネット社会は盛り上がっていくと思うのでネットやSNSが有り続ける限り、続いていくイベントだと思います(^^)
これからも楽しみですね。

ネット流行語100の2019年年間大賞は?

今年2019年のネット流行語100の年間大賞の発表は12月15日(日)にあるそうです。
その様子も生放送されるらしいので気になる方は必見ですね(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました