リーガル×ラブ|ネタバレ注意!11話3巻「私の好きな人」あらすじや感想など

ラブコメ
みあ
みあ

こんにちは、今日もスマホでマンガを読みまくっている みあ です♪私が愛用しているサイトはコミックやマンガ雑誌が1冊分実質無料で読めちゃうのでとてもおすすめです(^^)
U-NEXTの公式サイトはこちら

リーガルラブ11話のあらすじ・感想記事です。
プチコミックは2019年7月号に掲載されました。
コミックは3巻に収録される予定です。

2019年10月にコミック3巻が発売され、11話が収録されていました!
実質無料でお得に読む方法をまとめてます。
リーガル×ラブ3巻は無料の漫画村で読める?リスク無しで読む方法を紹介!
ぜひ参考にしてください(^^)

みあ
みあ

さっそくあらすじをまとめていきたいと思います(^^)
ここからはネタバレ注意です!

スポンサーリンク

リーガルラブネタバレ注意!11話あらすじなど①

こころが梅宮に、間接的な仕方で好意を伝えてしまったところから11話は始まります。

社内での恋愛はこりごりで、もうやめようと考えていたのに、また始めてしまった。
そんな後悔がこころを襲います。

どうしよう、という考えでいっぱいだったこころの思考を遮ったのは千賀の言葉でした。
千賀は、こころを飲みに行こうと誘ってくれていたのでした。
しかしこころは、梅宮がいたこともあって決まりが悪く、その誘いを断ってしまいます。
そして家へと帰る道すがら、その日の諸々の出来事を思い出しながら、こころは梅宮に悪いことをしたなあと悔やむのでした。

そして翌日の朝、梅宮が働いていると、こころがコーヒーを渡しにきます。
決まりが悪いこころがその場を離れようとするのですが、梅宮がふとこころに質問を投げかけます。
もし、謝罪したい相手がいて、しかしその相手はこちらに会いたくないという場合でも、会いに行くか、という内容でした。
なぜそのようなことを問われたのか、こころは疑問に思いますが、自分なら会いに行くだろうと答えます。
それはこころの自然な答えでした。

さらに梅宮は、千賀と飲みに行くのはやめたほうが良いと告げます。
その言葉に微かな期待を感じてしまうこころでしたが、梅宮が言いたかったのは、千賀はプレイボーイだから、ということのようでした。

リーガルラブネタバレ注意!11話あらすじなど②

その日の夜こころは千賀先生と飲みに行きました。
こころは、千賀に梅宮の好きな人のことを詳しく尋ね、答えを聞き出します。

その女性、美咲は、梅宮が一途に好きな人だというのです。
こころはその話を聞いて、涙をこぼします。
千賀は冗談めきながらも「俺と付き合う?」といい、そんな言葉にびっくりしたこころの涙は止まりました。
そんな話をしながら2人はお酒を楽しみました。

お店を出た直後、こころは、梅宮と美咲が一緒にいるのを目撃してしまいます。
二人は引き返そうとしますが、梅宮の腕がこころを抑えました。
梅宮は強引に、千賀に美咲を送らせ、こころと二人きりになります。

梅宮は美咲のことについて弁解したのち、こころのことが好きだと告げます。
急展開に頭がついていかないこころは真っ赤になりますが、梅宮はそんなこころを抱き寄せて、家まで送ってくれるのでした。

リーガルラブネタバレ注意!11話感想

みあ
みあ

今回もいつも以上に話が動きました。

梅宮の真意がわからないまま、美咲と並んで歩くシーンがあったかと思えば、急展開で早くも梅宮の告白があり、こころだけでなく読んでいるこちらも混乱が深まりました。
多分、梅宮が言っていないことがいくつかあり、それがこころの知っていること、考えていることとのズレを生んで、すれ違いが起きているのだと思います。
梅宮も、ちゃんと順序立てて話してくれればいいのでしょうが、彼自身が「予定が狂った」と言っていますから、本人も予想外の展開ということなのかもしれませんが…。
なんにせよ、次回で少し、梅宮の心の中が明らかにされると思います。

とはいえ、これまでの様子からして、簡単に話が進むとも思えないので、もう一度何か良くない偶然が重なって、二人が再びすれ違うという展開が起きるのではないでしょうか。
もしかすると、また千賀が絡んでくるかもしれません。

みあ
みあ

ともかく、次回のそれぞれの動きに期待ですね。

リーガルラブ12話へ↓

リーガル×ラブ|ネタバレ注意!12話3巻「謝りたい人」あらすじや感想など
前回のリーガルラブでは、もう、最後びっくりな展開でしたね!まさかの梅宮先生の告白!からの先生の赤面!!両思い確定?な二人ですが、付き合うことになるのですかね?目が離せない展開にドキドキです!そんな12話が掲載されているコミック3巻が2019年10月に発売されました!実質無料でお得に読む方法をまとめています♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました