あせとせっけん4話「本当に大事なもの」あらすじネタバレ

ラブコメ
みあ
みあ

こんにちは、今日もスマホでマンガを読みまくっている みあ です♪私が愛用しているサイトはコミックやマンガ雑誌が1冊分実質無料で読めちゃうのでとてもおすすめです(^^)
U-NEXTの公式サイトはこちら

マンガ「あせとせっけん」の4話目「本当に大事なもの」のあらすじや感想です。

現在、Dモーニングで連載中の作品です。

前回では、汗をかきやすい麻子と、麻子のにおいが好きな香太郎は恋人同士。

麻子は恋愛初心者、自信がもてません。

二人の交際を周囲には秘密のまま、倉庫でにおいを嗅ぐことをしています。

そこにある女性が、入ってきてしまい!

どうなってしまうのでしょうか。

前回のお話『あせとせっけん3話』のネタバレ感想は⇒こちら

今回の続き『あせとせっけん5話』のネタバレ感想は⇒こちら

では、4話目をみていきましょう。

~ここからはネタバレ注意です。~

スポンサーリンク

あせとせっけん4話「本当に大事なもの」あらすじ・その1

倉庫で麻子のにおいを嗅いでいた、香太郎。

そこに別の社員が入ってきた。

香太郎と麻子は、テーブルの下に隠れることに。

その社員とは、商品開発部のコスメ部門のチーフ・橘 嶺花(たちばな れいか)。

コスメ部門のカリスマ的存在で、女性社員からも信頼が厚い。

仕事をバリバリこなす上に、ルールに厳しくストイックな性格。

そういう点で、倉庫に私物を置いている香太郎を目の敵にしているという。

「あれ…?橘さんじゃないですか。どうしたんですか? 」

「やっぱり名取くんね」

読書やヨガができる自由スペースが社内にはある。

しかし香太郎はそこを使わない。

そういう自由さが橘には理解できないという。

自由といっても、それは人それぞれという香太郎。

「それに散らかってはいますけど。
俺はここには本当に大事なもの以外持ち込まないって決めてるんで」

隠れたまま二人の話を聞く麻子。

麻子は香太郎の言葉が嬉しかった。

あせとせっけん4話「本当に大事なもの」あらすじ・その2

橘は香太郎が動じていないのに呆れ、退出した。

安堵した香太郎。

そんな香太郎に麻子は言う。

「わたし…名取さんは…本当にすごいと思います」

「誰からも慕われるのもわかる…
本当は私とは住む世界が……
立場が違う人だと思ってて……。
私なんかが恋人だって知ったら、
皆ガッカリするだろうなって……。
名取さんへの評価も下げてしまうんじゃないかって私…。
そんなことばかり考えちゃってたんです」

「そんなに自分を下に見なくてもいいのに……」

自信がもてなかった為、必要以上に卑屈になっていたと自覚した麻子。

香太郎は、先ほど橘に言った
「倉庫には大事なもの以外持ち込まない」というのは、割と本当だという。

香太郎は、今でも自信をもって麻子が恋人だと、周囲に言えるという。

だが、それが麻子の負担になるのは嫌だと思っている。

だから、麻子が自信をもてるまで秘密にしておこうと言う。

そして香太郎は麻子をデートに誘った。

あせとせっけん4話「本当に大事なもの」感想

倉庫でうっかりにおいを嗅いで、密着していたところに、
女性社員が入ってきました。

彼女は香太郎とは、性格が真逆。

真面目で、ルールに厳しいです。

また香太郎はバス製品の商品企画ですから、
コスメ製品の商品企画となれば、ある意味ライバル関係。

今後、どういう風に彼女がこの二人に絡んでくるのか楽しみです。

ですが、もし何かあっても、
麻子と香太郎の関係はかわらないと思っています。

麻子の自信のない部分も、焦らず向き合ってくれる香太郎。

そんな香太郎に対して、素直な気持ちで感謝をもつ麻子。

この無理がないほのぼのした雰囲気に癒されます。

お互いまだ付き合って日が浅い関係ですが、
着実にお互いを理解して、一歩ずつ進んでいこうという気持ちがいいですね。

健気な二人ですから、応援したくなります。

次回は、この二人の初デートに関しての話がありそうです。

体の関係は既にあるものの、恋人らしいことはまだしたことがない二人。

そんな二人の初デートはどうなるのか。

楽しみにして次回を待ちたいと思います。

今回の続き『あせとせっけん5話』のネタバレ感想は⇒こちら

タイトルとURLをコピーしました