あせとせっけん3話「心の準備」あらすじネタバレ

ラブコメ
みあ
みあ

こんにちは、今日もスマホでマンガを読みまくっている みあ です♪私が愛用しているサイトはコミックやマンガ雑誌が1冊分実質無料で読めちゃうのでとてもおすすめです(^^)
U-NEXTの公式サイトはこちら

マンガ「あせとせっけん」の3話目「心の準備」のあらすじや感想です。

現在、Dモーニングで連載中の作品です。

前回では、汗をかきやすい麻子と、麻子のにおいが好きな香太郎が正式に恋人同士になりました。

麻子は恋愛初心者、自信がもてません。

二人の恋愛はどうなっていくのでしょうか。

前回のお話『あせとせっけん2話』のネタバレ感想は⇒こちら

今回の続き『あせとせっけん4話』のネタバレ感想は⇒こちら

では、3話目をみていきましょう。

~ここからはネタバレ注意です。~

スポンサーリンク

あせとせっけん3話「心の準備」あらすじ・その1

正式に恋人同士になった、麻子と香太郎。

香太郎に、周囲に恋人同士になったことを言うかと聞かれた。

麻子は、付き合うと言うことは、周囲のことも考えないといけないのかと、悩んでしまう。

麻子は社内で香太郎を見かける。

彼の周りにはいつも人がいる。

まるで海外ドラマのワンシーンのような仕事の風景。

香太郎は、女性にももてるのだろうなと麻子は思った。

もしそんな香太郎と自分なんかが恋人だと公表したら、周囲はどう思うだろうと麻子はネガティブになる。

すると、スマホにメッセージがあった。

香太郎からミーティングをしたいという連絡だった。

「残り香がありましたからね!まだ近くにいるだろうなと! 」

自信満々に豪語する香太郎。

焦る麻子、汗のにおいがするのだろうかと。

香太郎はほかの人には無臭だから気にしないでという。

香太郎は、恋人同士であることを公表するか麻子に再び問う。

麻子は、秘密にしたいという。

心の準備もできてないし、立場が違うからと。

こうやってミーティングルームで一緒にご飯を食べ、私的利用と思われたら悪いことをしているような気がするとも言った。

だが、香太郎は今していることはミーティングであると言い切る。

なぜなら、自分は麻子のにおいを嗅ぐ気が満々だからだ。

つまりにおいを嗅ぐことで、商品アイディアをだせる。

ならば、私的利用ではないと。

だが香太郎は、麻子の発言が気になった。

「立場も違うってどういう意味ですか? 」

あせとせっけん3話「心の準備」あらすじ・その2

麻子は香太郎の言葉に、なんと言っていいか分らなかった。

香太郎が嫌に思うかもしれないからだ。

香太郎は、ふと二人きりで会える場所を思い出したと倉庫に麻子を連れて行く。

その倉庫は、香太郎が仮眠室として使っている部屋だった。

私物が散乱している場所であった。

そこには、仮眠用のふとんまである。

そのふとんに座り、麻子のにおいを嗅ぐ香太郎。

麻子の微妙なにおいの変化にも、すぐ気がつく香太郎。

たまらず、香太郎は麻子を押し倒す。

そして唇を合わせた。

「さっきの立場がどうとかやつ、俺まだちょっと気になってますけど……」

「なんでもないです……」

まだ日が浅いから心の準備ができていないだけと麻子は言う。

でも会社でにおいを嗅ぐのは今後も続けたいという香太郎。

そのまま麻子の首筋に口づけしようとする香太郎。

しかし、倉庫に女性が入ってきた。

慌てて隠れる二人であった。

あせとせっけん3話「心の準備」感想

麻子の恋愛はまだ始まったばかりの様子がわかる3話でした。

商品開発という花形の部署の有名人の香太郎。

華やかな様子に、麻子は自分とは釣り合いがとれないと落ち込んでしまいます。

香太郎は、麻子のにおいに惚れ込んでいますし、慎ましく優しい性格にも惚れ込んでいる様子が描かれてしました。

会社でこっそりと会い、においを嗅ぐ香太郎。

恋人になれば、やはり密着度も高くなっています。

そんな香太郎に対して、流されてしまう麻子ですが、まんざら嫌ではない様子。

においを嗅がれるのも、少しずつ抵抗がなくなっているようです。

そして、新しいキャラクターが出てきました。

髪の長い、とても綺麗な人です。

仕事ができそうなキャリアウーマンの彼女。

果たして彼女は何者なのでしょうか。

次回の続きをチェックしたくなります。

今回の続き『あせとせっけん4話』のネタバレ感想は⇒こちら

タイトルとURLをコピーしました