あせとせっけん1話「君のにおいを嗅ぎに来ます」ネタバレあらすじ感想

ラブコメ
みあ
みあ

こんにちは、今日もスマホでマンガを読みまくっている みあ です♪私が愛用しているサイトはコミックやマンガ雑誌が1冊分実質無料で読めちゃうのでとてもおすすめです(^^)
U-NEXTの公式サイトはこちら

マンガ「あせとせっけん」の1話目「君のにおいを嗅ぎに来ます」のあらすじや感想です。

現在、Dモーニングで連載中の作品です。

SNSなどで話題沸騰の今作、表紙からいろいろな妄想を引き出されるイラストです。

ラブコメとして楽しみなお話、どんな恋愛が繰り広げられるのでしょうか。

では、1話目をみていきましょう。

~ここからはネタバレ注意です。~

スポンサーリンク

あせとせっけん1話「君のにおいを嗅ぎに来ます」あらすじ・その1

主人公・八重島 麻子(やえしま あさこ)は、26歳。

株式会社リリアドロップに勤めている。

会社は女性に大人気の化粧品&バス用品のメーカーである。

そんな麻子には朝の日課がある。

通勤したら、女子トイレに行くのである。

トイレの中で、通勤で汗をかいてしまったので、制汗・消臭ケア用品で汗をふく。

麻子は人より汗っかきであり、小さいころはそれが原因で「汗子(あせこ)」呼ばれていたほどだ。

汗をかかないように、極力動かず、目立たずの日々。

汗対策が麻子の日常を支配しているといっても過言ではない。

麻子は会社に展示してある、新商品を見つけた。

リリアドロップの製品が大好きな麻子。

大好きなせっけんの会社にいられるだけで幸せな日々。

しかし日常は変化する。

新商品を眺めていると、男性が彼女に近づいた。

彼は、商品開発部のプランナー・名取 香太郎(なとり こうたろう)。

彼女の汗のにおいにびびっときたという。

においを嗅がせてほしいと頼まれた。

あせとせっけん1話「君のにおいを嗅ぎに来ます」あらすじ・その2

「変態だ…!! 」

思わず麻子は逃げ出すが、追いかけてくる香太郎。

そして部屋にとじこめられ、においを嗅がれた。

麻子のにおいがとても良い香りだという。

麻子がつけているせっけんのにおいを特定し、制汗剤などすべてをにおいだけで当てた。

新商品のコンセプトを悩んでいたところに、麻子のにおいを嗅いで思わず話しかけてしまったのだという。

麻子のにおいをかぐとインスピレーションがわくという。

「会社のためです!!これから毎日1週間…俺は君のにおいを嗅ぎに来ます」

それから毎日麻子のにおいを嗅ぎにくる香太郎。

隙をみて、においを嗅ぎたがる。

だが、麻子はにおいを嗅がれるとき緊張している様子。

嫌ですか?と香太郎は聞く。

抵抗はあるが、嫌ではない麻子。

においの見返りに何でもします!と香太郎に言われ、
リリアドロップのせっけんがすきだから、ずっと前からいい思いをしているのはわたしと
香太郎にお礼を言う麻子。

そんな麻子の笑顔に見とれてしまう香太郎だった。

そして、新商品のプレゼンがあった日。

香太郎は、麻子を待ち構えていた。

プレゼンをがんばったから、その分においを嗅がせてほしいと頼む。

思いっきり麻子のにおいを堪能する、香太郎。

プレゼンの企画中、八重島ロスだったという。

そしてお礼に、リリアドロップの試作品を麻子にプレゼントした香太郎。

すごく喜ぶ麻子に、思わずにおいを嗅ぐ香太郎。

麻子が喜ぶと発せられるにおいが、とても好きなようだ。

「もっと…じっくり」

そんな麻子に触れようとする香太郎。

その手が怖く、麻子は逃げてしまった。

それから香太郎が怖くなってしまい、距離をもつようになった。

香太郎からメールがあり、誘いも断ってしまう麻子。

そんな麻子のメールを見ると、我慢できず麻子を追いかける香太郎。

一方、麻子は電車のなかでにおいをかぐ痴漢に襲われそうになっていた。

痴漢から助けてくれたのは、香太郎だった。

帰り道、二人で話をすることに。

麻子に謝りたかったという香太郎。

「嫌なんです、あなたとのつながりがなくなってしまうのは……」

「名取さんになら嗅がれても……全然嫌じゃない、むしろ……」

二人は思いを口にして、麻子の部屋に行く。

抱き合う二人は、体を重ねた。

あせとせっけん1話「君のにおいを嗅ぎに来ます」感想

あせとせっけん。

題名の通り、せっけんの会社で汗かきの女性のお話でした。

そんな彼女のにおいに惚れ込んでしまう、男性・香太郎も不思議な感性でした。

麻子にとっては、汗は悩みの種。

コンプレックスに感じています。

それを全力で愛している香太郎に戸惑いながら、思いを伝え合うお話でした。

ちょっと特殊な体質のヒロインと、ちょっと特殊な性癖のヒーローの織りなす物語にどきどき、わくわくしています。

タイトルとURLをコピーしました